通信無制限の新プラン「限界突破WiFi」新登場

 

本日10月10日、X-mobileの新商品「限界突破WiFi」が発売されました。

月額3500円で通信制限なく無制限で使い放題のモバイルWi-Fiルーターですが、特徴的なのがその形。

そう、見た目はまるでスマートフォンなんです!

しかし、スマホのようでスマホでないのがこちらの限界突破Wi-Fi。

 

今回は、どんなサービスなのか?特徴やおすすめの使い方をご紹介していきます。

 

 

限界突破WiFiとは

 

限界突破WiFiは、エックスモバイル株式会社が提供しているモバイルWi-Fiです。

クラウドSIMを利用したマルチキャリア対応のサービスで、日本国内であればトリプルキャリア(Softbank・au・docomo)の電波を利用して通信が使えます。

 

月額3500円(税別)で、モバイルWi-Fiサービスによくある1ヶ月7GB制限や、使い放題サービスにあるような1日3GB・3日で10GBなどの利用制限もありません。

正真正銘の「無制限使い放題」のサービスです。

さらに、海外での利用もOK!

渡航先によって料金は異なりますが、海外ルーターレンタルサービスを利用する必要がないため、

空港でルーターレンタルの行列に並んで時間を無駄にする必要もないし、もちろんレンタルではないため端末の返却は必要ありません。

 

jetfon P6というスマートフォンが元になっているため、モバイルルーターなのにGoogleマップやGoogle翻訳が使えるようになっています。

そのため、海外旅行中に自分のスマートフォンで行きたい観光スポットを調べながら、限界突破WiFiでGoogleマップを開いておく、なんてことができます。

 

あらゆる限界を突破したモバイルWi-Fi

 

限界突破WiFiは、モバイルWi-Fiのあらゆる限界を突破した商品となっています。

これひとつあれば、日本国内だけでなく海外でもOK!早速見てみましょう。

 

通信容量の限界突破

 

通信容量の限界突破

今まで、スマホの通信制限に苦しめられてきた方は多いのではないでしょうか?

限界突破Wi-Fiなら、ネット使い放題。高速データ容量無制限となっています。

もう低速の通信に悩まされる心配はありません。

1GB1000円も払って追加購入する必要もありません。

ストレスを感じることなく、まるで自宅の光回線を利用しているような感覚でスイスイと快適にインターネットを利用することができます。

 

国境の限界突破

 

 

旅行や出張で海外に渡航するときはレンタルWi-Fiを使う方が増えています。

わざわざ事前に申し込みをしなくても、空港のカウンターで何時間も待たなくても、普段使っている限界突破WiFiを持っていれば、簡単な設定のみで海外でも利用できます。

世界107カ国に対応し、1日あたり380円〜という低価格が実現しました。

 

モバイルWi-Fiの限界突破

 

モバイルルーターは、画面が小さくボタン操作の物が多いです。

Wi-Fiの設定がわかりにくいし、通信を飛ばすためだけの役割なので、ただバッグの荷物が増えるだけ。

限界突破Wi-Fiなら、使い慣れたスマートフォンの筐体を利用しているため、操作は直感的。

5.7インチの大きな画面を生かして、GoogleマップとGoogle翻訳機能もつけました。

旅行先で地図アプリを利用したり、スマホでインターネットの情報を見せながら翻訳アプリで現地の方と会話をすれば、スムーズにやりとりができます。

3400mAhのバッテリー搭載で、Wi-Fiとしての利用時間も最大15時間とたっぷり使えます。

 

料金の限界突破

 

月額は3500円の定額制でずっと同じ金額です。

他社でよくあるのが、2年目・3年目から値上げするプラン。

エックスモバイルは、わかりやすい料金プランで安心してご利用いただけるようにしています。

さらに、なんと限界突破WiFi端末本体を0円でプレゼント!

他社のようにレンタルではないため、もちろん返却の必要はありません。

そしてもうひとつおまけに、契約の事務手数料も無料!

端末代や事務手数料のご負担なく、月額の3500円だけで利用が開始できます。

 

エリアの限界突破

 

限界突破WiFiは、クラウドSIMテクノロジーを搭載しています。

利用するのに、SIMカードはいりません。

日本国内であればマルチキャリア対応なので、Softbank・au・docomoの電波がすべて使えます。

通常、Wi-FiルーターにはSIMカードが挿してある場合がほとんどです。対応しているキャリア(携帯電話会社)の電波が、場所によっては繋がりにくいなんてことも。限界突破WiFiなら、繋がりやすい電波を自動で取得するため、携帯の電波がつながるところであればどこでも繋がるのです。

地震や台風などの自然災害によって携帯会社の電波塔が損傷してしまったり、通信障害が起こってしまっても、限界突破WiFiなら大丈夫。

クラウドSIMテクノロジーは、いざというときにも頼りになる技術です。

また、世界107カ国で使える技術なので、海外旅行に行くときも現地でSIMの契約をする必要がありません。

本体で簡単な設定をするだけで、世界各国で対応した電波をキャッチできます。

 

限界突破WiFiはこんな人におすすめ!

ここまで、限界突破WiFiの特徴をご紹介してきました。

では、どんな人におすすめなのでしょうか?ご自身の利用用途を考えながらご覧ください。

通信をたくさん使いたい人

まずは、国内無制限であることから通信をたくさん使いたい方。

現代のスマートフォンは、高速で使えるデータの容量が限られていますよね。

さらに、従量課金制のプランがメインとなっている携帯会社では、毎月の料金がバラバラになってしまうことも気になります。

そんなときは、限界突破WiFiを契約して、スマホのモバイルデータ通信は切っておきましょう。

そうすれば、スマホの通信料は毎月最低限の基本料金に抑えられる上に、通信制限なく使い放題にできます。

動画をストリーミング再生でを観たり、月額制の音楽ストリーミングサービスも利用し放題!

移動中の車の中で幼いお子様がぐずってしまっても、通信料を気にせずアニメを観せてあげることもできます。

海外旅行・海外出張が多い人

 

海外へ行くときにわざわざレンタルする必要がなくなりますので、限界突破Wi-Fiはおすすめです。

空港に着く時間を少し遅らせることができたり、レンタルWi-Fiを紛失して多額の賠償金を支払う必要もなくなります。

いくつかの国を周遊するときも、その都度必要なデータ量を購入するだけ。

使い放題で数千円も支払う必要はありません。

また、マップ機能がついているため、観光客を狙って高額な運賃を取ろうとする悪質なタクシー業者に狙われることもありません。

万が一遠回りされてしまったら、限界突破Wi-Fiを使ってマップを見ながら「こっちの道じゃないの?」と指摘することもできます。

仕事でPCを持って行くときも、わざわざ空港やホテルのフリーWi-Fiを探し回らなくても大丈夫。近くのカフェでゆっくり作業できます。

 

一人暮らしの人

 

一人暮らしをしていると、固定の光回線の工事のための立会いがなかなかできないですよね。

平日は仕事や学校があるし、かといって土日は工事の予約が取りにくい。

工事が数ヶ月先になってしまう、なんてこともよくある話です。

また、業者の人とはいえ自宅に知らない人が立ち入るのに抵抗がある方も多いのではないでしょうか?

ワンルームの部屋で一人暮らしだと、生活用品などが置いてある部屋で工事するので余計抵抗がある、という方からのご相談も多いです。

限界突破Wi-Fiなら、自宅へ立ち入っての工事も必要ありません。

 

限界突破WiFiの4つのデメリット

 

いいことづくしの限界突破Wi-Fiですが、もちろんデメリットもあります。

悪いところもしっかりと考えてから契約するために、4つのデメリットをご紹介します。

 

端末を持ち運ぶ手間がある

 

全てのモバイルWi-Fiに共通することですが、Wi-Fiの端末本体を持っていないと外出先で通信を使い放題にすることはできません。

スマートフォンを2台持ち歩くことになりますので、今までよりも荷物は多くなります。

一般的なWi-Fiルーターよりも薄くて軽いですが、それでもデメリットと言えるでしょう。

 

画面が大きいので電池の減りが早い

 

こちらもメリットでありデメリットである点ですが、大きな画面を持っている限界突破WiFiは、通常のモバイルW-Fiよりも電池の減りが早いです。

googleマップは位置情報を取得しますので、さらに電池の減りは早くなります。

それでも、Wi-Fiの利用であれば最大15時間は使えますので、スマートフォンの電池持ちと同じくらいのイメージで良いと思います。

 

落下させると壊れやすい

 

こちらも画面がついているからこそのデメリットですが、スマホと同様に落下させてしまうと画面が割れてしまうことがあります。

通常のモバイルWi-Fiと比べると手に持って利用する機会が増える分だけ壊れるリスクはあがるので、しっかりとカバーやケースを利用したいですね。

月額500円の支払いで、「もしも補償」という端末補償がつけられます。

万が一壊れてしまっても年間2回までは補償を利用して無料で修理・交換できますので、よくスマホを落下させてしまうなどで心配な方は加入しておくことをおすすめします。

わたしはモバイルWiFiを使うのが初めてだったので悩んだのですが、

2年間補償に加入したとして合計12,000円(税別)

補償に入らず、万が一2年間に1度でも故障したら修理代金18,000円(税別)と考えると加入しておいた方が安心だと思ったので、ひとまず加入しておきました!

 

※補償の申し込みは、ご契約時のみ可能となります。あとからの加入はできませんのでご注意ください。

 

2年契約のため、解約金がかかることがある

 

限界突破WiFiは、事務手数料も端末代も無料ですが、2年契約となります。

2年以内に解約すると、18000円の契約解除料が発生します。

また、2年経過後は1年契約となり、同様に1年契約の途中に解約すると5000円の契約解除料がかかります。

解約金の負担なく解約するためには、2年契約が終了し1年契約に移行したはじめの3ヶ月間のうちに解約の申し出をする必要があります。

 

 

どこで契約できる?

 

さて、肝心なのが契約方法です。

限界突破WiFiは、エックスモバイルの店頭かインターネットから申し込みができます。

 

インターネットからのお申し込みの場合、本人確認書類と、お支払いに使うクレジットカードを用意して申し込みします。

 

 

こちらから限界突破WiFiを選んで申し込みすると、契約審査完了後に東京都にあるX-mobileの本社より端末が届きます。

 

端末が届いたら、電源を入れるだけ。

スマートフォン・タブレットやPCでWi-Fiの設定を行えば、届いたその日にすぐ利用開始できます。

 

エックスモバイル店舗で契約する場合は、他のサービスにはないメリットがあります。

ネットからの申し込みだと、契約前に確認しておきたいことや不安に思っていることは自分で調べて解決しなければなりません。

エックスモバイルなら、対面での接客で契約前の不安な点を解決してから契約することができます。

さらに、店舗で契約すれば即日中にお持ち帰りもOK!

店頭で限界突破WiFiを受け取って、その場ですぐに利用開始できます。

さらに、契約後のサポートも充実。店舗に行けば、いつでも案内してもらうことができます。

国内での利用がメインでも、突然海外への旅行がきまったら使い方がわからなくて焦りますよね。

そんな時でも、エックスモバイルのスタッフが親切にサポートしてくれますよ。

 

 

茨城県にお住まいの方であれば、エックスモバイル 鹿嶋店をご利用ください。

茨城県鹿嶋市鉢形1526-3 サンポートかしま館内1階

X-mobile鹿嶋店HPはこちら

営業時間 10:00〜19:00

定休日 水曜日

TEL 080-9993-1236

 

お住まいが遠い方でも、LINEでご連絡いただければ営業時間内に順番に対応いたします。

非常に多くのお問い合わせをいただいているため、本社のサポートデスクが繋がりにくいことがあるようです。

そんな時には、直接店舗に来れない方でも公式ショップのエックスモバイル鹿嶋店にお問い合わせください。

ネットからのお申し込み方法や、お近くのお店を探すお手伝いもいたします。

お気軽にメッセージをくださいね。

 

 

 

 

限界突破WiFiで、快適な通信生活を

 

ここまで、エックスモバイルから発売された限界突破WiFiの特徴やメリット・デメリットについてご紹介してきました。

今まで不便に感じていたことが、これを利用するだけで便利になること間違いなし!なエックスモバイルの限界突破WiFi。

契約の手数料も端末代も無料なので、気になったらまずは2年間契約して実際に使ってみることをおすすめします!

 

いつでもどこでも、通信の限界を突破した快適な通信でHAPPYをきりひらきましょう。

 

もっと詳しく知りたい方はコチラも合わせてごらんください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です