あなたにとってベストな通信方法はこれ!【海外編】

 

海外に行くとケータイ代が高くなる、というのはなんとなくみなさんご存知かと思いますが、

そもそも使えるの?どうやって使うの?というお問い合わせが多くなってきました。

 

海外旅行中でもスマホもパソコンを普段通りに使いたい!

仕事で行くのでビジネスメールなどで通信が絶対に必要!

などの利用で、海外での通信の方法について考える方が多いのではないでしょうか。

 

とはいえ、「実際どうすればいいのかわからない、何を選べばよいかわからない」という声も多く聞かれます。

そこで今回は、海外での通信方法を3種類に分けてご紹介いたします。

 

 

通信方法の種類

 

まず、通信方法の大枠と仕組みについて知りましょう。

通信方法には大きく3つの種類があります。

 

Wi-Fi

 

パソコンやスマホなどを無線でインターネットに接続する技術のことです。

通信範囲は限られますが、通信速度は速いです。

海外に行くと、空港や宿泊先のホテルなどでフリーWi-Fiが完備されていることが多いです。

 

携帯電話回線

 

通信会社と契約し、3G、4G、LTEなど携帯電話回線を使用してネットにつなぐ方法です。

滞在する国の通信会社で契約することで使えるようになります。

 

データローミング

 

自社ではなく、提携している通信会社の回線を使用してネットにつなぐ方法です。

この技術によって、契約している携帯電話会社の圏外でもネットを使用することができます。

au、docomo、Softbankなどのキャリア契約のスマートフォンが海外で使えるのはこの技術のおかげです。

いわゆる、国際ローミングといわれる通信方法です。国内での通信とは異なり、海外用の料金プランが設定されていることが多いのですが、事前の手続きが必要な場合もあります。

 

便利な反面、通信費は高額になります。海外だとケータイ代が高い!というのはここからきています。

また、格安スマホ(MVNO)だと海外での利用ができない場合もあります。

 

通信方法の大枠についてわかったところで、いよいよ海外での通信方法についてご紹介していきます。

 

 

海外で快適な通信をするための4つの方法

 

海外での通信方法は、大きく下の4つに分かれます。

 

 

      • フリーWi-Fiを使う
      • 契約キャリアの海外パケット定額プランを利用する
      • 現地SIMカード/海外用SIMカードを使用する
      • Wi-Fiルーターをレンタルする

 

 

それぞれに長所・短所がありますので、

ご自身のご利用状況を想像しながらぴったりの通信方法を選びましょう。

 

フリーWi-Fiを使う

フリーWi-Fiとは不特定多数の人が使える無料のWi-Fiのことです。空港やホテル、飲食店などで提供されています。フリーWi-Fiを使える場所には、それを伝えるマークが張ってあります。

 

使用対象者  : フリーWi-Fiエリアにいる全員

長所     : 無料、事前準備がいらない

短所     : セキュリティが弱い、通信速度が遅い可能性がある

 

 

契約キャリアの海外パケット定額プランを利用する

 

上でご紹介した、国際ローミングを使用する方法です。定額プランを使用することで高額な請求を回避することができます。(とはいえ、他の方法に比べて割高にはなります)

機種や渡航先によって使用できる場所が決まっているので、自分が契約しているキャリアのサイトで事前に確認しておきましょう。

 

使用対象者  : 各キャリアの契約者

長所     : 手続きが簡単

短所     : 高額 (約980円~2.980円/日)

 

現地SIMカード/海外用SIMカードを使用する

 

SIMカードとは、スマホなどのモバイル端末でネットや通話を行うために必要となるICカードのことです。SIMカードを変えることで海外の現地の電話回線を使用することができます。手間はかかりますが、料金を安くしたい人には一番おすすめの方法です。

詳しくはこちらでご紹介しております。

とにかく安く抑えたい!海外で現地のSIMカードを使う方法

 

 

使用対象者  : SIMフリースマホの保持者

長所     : 安い

短所     : 手続きが複雑

 

Wi-Fiルーターをレンタルする

 

海外で使用できるWi-Fiルーターをレンタルする方法で、海外旅行をする人にとって最もポピュラーな方法です。複数人で通信量をシェアできるのでグループ旅行などにおすすめです。ルーターを選ぶ際は渡航先で使用可能かはもちろん、何人で使用するのか、SNSを使用するのかなどを考慮するといいでしょう。

 

使用対象者  : Wi-Fiルーターの申込者、グループ

長所     : 複数人で使用できる

短所     : 持ち運びが必要、ルーターのバッテリー切れの心配がある

 

以上、海外で快適な通信をするためにおすすめの4つの方法でした。

気になった通信方法があれば、各ページから飛んでみてくださいね。

 

通信量の目安

 

最後に、通信量の目安をお伝えします。

どの方法を選ぶにしても、プランを選ぶ際に、自分が必要な通信量を把握しておくことは必須です。

あくまで目安であり、どのようなアプリを使うかによって必要な容量は異なります。

参考までにご覧ください。

 

250MB/日

 

最低限ネットが使えればいいと考えている人向けのプランです

250MBで可能なことは下記の通り。

WEBサイトの閲覧 約1,000ページ

LINE通話     10時間程度

Googlemap検索   60回前後

Instagramの投稿  10回程度

 

500MB/日

 

複数人で旅行する場合におすすめのプランです。

可能なことは、250MBの倍程度になります。

 

 

1GB(1,000MB)/日

 

超大容量プランになるので、ほとんどの人は必要ないかと思います。

とはいえ、ビジネスで頻繁にメールやファイルのやりとり、さらに通話がある方はこのプランにしておくと安心ですね。

 

まとめ

 

今回は、旅行や出張で海外へ行った時のための通信方法についてご紹介しました。

「海外でネットをつなぐ」といっても、色々な方法がありましたよね。

通信や料金が発生する仕組みや方法を知って、自分にピッタリの通信方法を選んでくださいね。

今回は海外での通信方法の概要についてお伝えしました。

気になった方法があれば、実際のやり方や詳細について記載しておりますので、他の記事もご参照ください。

 

あなたの海外でのITライフがより便利に、快適になりますように!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です