SIMカードって何?

 

「格安SIM」「SIMロック」「SIMカード」などの単語を見聞きする機会が増えてきました。

携帯やスマホに関する単語なのはわかるけれど、「SIM」って何?と聞かれて答えられる方は少ないのではないでしょうか?

ここでは、X-mobileをはじめとした格安スマホの契約をするのに必要SIMカードの種類や機能についてわかりやすくご紹介していきます。

 

SIMカードとは

まずは、SIMカードとはどういったものなのか、確認していきましょう。

 

SIMカードとは、スマートフォンや携帯電話に必ず装着してあるICチップ付きのカードのことです。

このICチップの中には、携帯電話会社との契約情報が含まれています。

SIMカードに含まれている情報

・契約者(利用者)の識別番号

・電話番号

・メールアドレス(キャリアメール用)  etc…

 

契約している方の個人情報が登録されているSIMカードをお持ちのスマホ端末に装着することで、携帯の電波を取得できる状況であればスマホや携帯が繋がる仕組みになっているのです。

つまり、SIMカードが挿入されていないと、スマートフォンや携帯電話は通信に接続することができず、電話やメール・インターネットなどの利用ができなくなります。

SIMカードの種類

スマホ本体に挿入する必要のあるSIMカードですが、お使いの機種によって使用できるSIMカードの種類が異なります。

上記のように、SIMカードの大きさにより呼び方が異なります。

現在利用されているのは全部で3種類となっていますが、標準サイズのSIMカードは従来型の携帯電話(フィーチャーフォン、ガラケー)に多く利用されているサイズとなりますので、スマートフォンはほとんどの場合nano SIMかmicro SIMのどちらかであると考えてもいいかもしれません。

nano SIM

現在はほとんどのスマートフォンがこちらの一番小さいサイズのSIMカードを利用することになると思います。

iPhone5以降は全てnanoSIMとなっていますので、iPhoneを新しく購入する場合にはほぼこちらのnanoSIMと考えて問題ないでしょう。

また、サムスン社のGalaxyシリーズでは、S6以降がnanoSIMの対象機種となっています。

 

micro SIM (mini SIM)

最近ではあまり見かけなくなりましたが、Androidのスマートフォンに多いのがnano SIMよりも一回り大きなmicro SIMです。

携帯電話キャリアによっては、mini SIMと呼んでいるところもありますが、いずれも同じサイズのSIMカードを指しています。

 

SIMの形状を確認する

SIMカードの契約をした後にサイズが合わないなどでSIMカードのサイズを変更するためには、ほとんどの場合が追加で手数料がかかってしまいます。

余計な手数料がかからないよう、契約の前にSIMカードのサイズを確認しておきましょう。

機種名がわかれば、メーカーのHPで調べることができます。また、場合によっては購入した機種の箱にサイズが書いてある場合もありますのでまずは箱を確認してみるといいかもしれません。

 

しかし、すでに箱を捨ててしまっていたり、中古などでもともと箱がない場合、実際に本体からSIMトレーを見てサイズを判断することもできます。

目安としては、nanoSIMはmicroSDカードよりも小さく、microSIMはだいたいmicroSDカードと同じくらいのサイズです。

見慣れていないと判断を間違えてしまうこともありますので、あくまで目安ではありますが参考になると幸いです。

 

初めての格安スマホはエックスモバイルにおまかせ!

ここまで、格安スマホの契約に必要な「SIMカード」の役割や種類について確認してきました。

本体を見ただけではすぐにわからないところにあることから、自分のスマホにはSIMカードが入っているのか?と気になった方もいるのではないでしょうか?

 

格安スマホの会社は契約後のサポートは電話やインターネットで対応しているところがほとんどですが、せっかく毎月のスマホ代がお得になっても、困った時に頼れるお店がないと不安になってしまいますよね。

 

エックスモバイルは格安スマホ業界で店舗数が一番多いので、スマホに関するご質問やお悩みなども店頭でご相談いただけます。

 

もちろん、サポートデスクも設置していますので、突然の「困った!」にも安心対応!

わかりにくい料金プランから卒業しましょう!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です